坐骨神経痛、脊柱管狭窄症、腰痛、椎間板ヘルニア、すべり症、ひざ痛手足のシビレ、五十肩、首痛

病院で坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・すべり症などと診断された方で
手術をすすめられた人も当院には多数お見えになっています。

ではなぜ坐骨神経が痛むのか。その原因を探して改善をしていかなければ手術をしても 「まだ痛みがとれません。」ということになってしまいます。

いきいき回復院では、原因を根本から改善するためにソフト整体で施術を行います。
これは痛みを伴う施術ではなく大変心地よいものです。

なぜ痛みは起きるのか。

下の図1、赤印のところが痛い方は、坐骨神経痛で原因は、椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・すべり症などで神経の圧迫を受けています。そして、その圧迫の場所で痛みの出ている範囲が違います。 図2はデルマトームといって神経が身体の皮膚感覚のどの領域を支配しているかを示しています。

       

 

 

当院の考え方。

身体の基本土台は骨盤です。その骨盤が傾けばそこから立ち上がる背骨も傾きます。背骨が曲がれば重心もずれ、身体のバランスも当然くずれます。

そこで重心を保つために背骨は上の方で反対側に曲がり身体を真っすぐ立てようと「S字」になります。 このようにして歪(ゆが)んだ背骨により筋肉も血管も神経も歪み伸ばされたり、圧迫されたりします。この圧迫されたときにシビレや痛みが起こることが多くあります。

当院では、どんな症状でもまずは基本である骨盤の歪みを調整していきます。
 骨盤が良い位置に戻ることにより痛みの原因となっていた箇所も良い位置に戻り痛みが緩和されます。

そして、大事なことはその痛みが二度と出ない身体になるようにすることです。その為に生活習慣の改善、自宅で出来る簡単な骨盤調整やストレッチ体操を教えています。
     健康でいるためには身体を良い状態で保ち続けなければなりません

台東区入谷の整体院
いきいき回復院x院長
西山里志
・マッサージ指圧師(治療院を開くための国家資格)
・柔道整復師(整骨院を開くための国家資格)
・整体師(国家資格がないので民間資格)

私はバイクで転倒し、2か所の病院で約1年半の入院生活を送りました。
今、痛みを抱えているあなた、「この痛み・しびれが取れるだろうか」「また曲がるようになるのか」 「後遺症として残らないだろうか」など不安で一杯でしょう。わたしもそうでした。そんなとき、看護師さんや PT(理学療法士)の方などからマッサージやリハビリを受け、励まされ社会復帰できました。

そして、マッサージ師の国家資格を取りました。 その後、妻が急に重篤な坐骨神経痛になってしまいました。
当時わたしは、指圧療法で筋肉をほぐすことを主にしていました。硬くなっている筋肉をゆるめてあげようと強く押すと妻は痛がり施術をさせてくれなくなりました。
それを経験に、ソフトな手技を習いに行きました。それが、痛くしないで施術する「ソフト整体」です。
これは、骨格を調整して筋肉のバランスを取る手法でソフトに身体に触れて施術するものです。
それでいて効果は驚くほど出るのが特徴です。 今度は、わたしがあなたのお役に立ちたいと思います。